大いに使うべき奨学金

FP相談をしていると、5世帯に1世帯ぐらいの割合で奨学金の返済をしていたりします。調べてみたところ、今は奨学金を利用する人が更に増えていて、大学生の2.7人に1人は奨学金を利用しているそうです。3人に1人よりも多いってことになるわけですね。奨学金を必要としない人からすると、全くよくわからない制度ですので、今回はその説明をしていきます。

貸与型と給付型

奨学金には「貸与型」と「給付型」があります。
「給付型」の方は返金も必要ないので、シンプルに「もらえる」ってことです。

奨学金には種類がいろいろありますが、一般的というか…一番多いのが「日本学生支援機構」による奨学金かなと思います。

そのなかでも「貸与型」と「給付型」に分かれるということなんですが、「給付型」の方は世帯年収が判断基準になります。

給付型の条件

もしも、「住民税非課税世帯(年収約270万円以下)」であれば、支援額も満額を受け取れるそうです。
支援額というのは、下記の通りで、
・国公立 約35万円/年(自宅外の場合は約80万円/年)
・私立  約46万円/年(自宅外の場合は約91万円/年)
になります。ただ、「住民税非課税世帯」っていうのは、上でも書いてますが世帯年収270万円なので、結構ハードルが高いんですよね。

「住民税非課税世帯」ほどの年収ではなくても、「給付型」を受けることは可能ではあります。上で書いた支援額の一部だけを受け取ることができます。要は満額ではなくなるということですね。目安として世帯年収300万円以下なら3分の2、世帯年収380万円以下なら3分の1、だそうです。でも、やっぱり簡単な基準ではないですね。おそらくシングルマザーや、何かしらの理由で働けないなどの状態の方を対象に用意されたものだと思います。

一般的には貸与型

では一般的な年収の世帯の場合はどうなるのか。「貸与型」の方を利用することになります。私の相談者の方はほとんど「貸与型」しか対象になりません。理由としては「給付型」の対象になる年収の場合は、もっと他にも収入の低さからの問題が起きやすく、その対策を早め早めにさせるようにしています。270万円しか世帯年収が無いとなると、まず東京近郊での生活は確実に無理ですから。

無利息の貸与型とは

話を戻して「貸与型」ですが、「利息あり」と「無利息」があります。やっぱり「無利息」を希望したいところですが、条件が2つあります。
・高校での成績が平均で3.5以上(5段階)
・家計収入が747万円以下
なんですね。私は高校時代に奨学金を検討したことがあるのですが、全然勉強していなかったので平均3.5以下だし、家は自営だったので収入は800万円以上でしたから(所得はもっと低かったけど)、全くの対象外でした…泣

利息ありの貸与型とは

では「利息あり」の方がどうかというと、少しだけ条件が優しくなります。
・高校での成績が学校の平均水準以上
・特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
・ 専修学校(専門課程)における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
・高等学校卒業程度認定試験に合格した人又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
という学力基準になります。条件は増えたけれど、1つ1つがそんなに高いレベルの条件じゃないのはわかりますね。明確な数字が記載されていないところがポイントかもしれません。

年収基準もあるのですが、こちらは家族の人数で年収基準が変わります。3人家族なら1009万円、4人家族なら1100万円、5人家族なら1300万円だとか。ただこれも、国公立なのか私立なのか、給与所得者なのか自営なのか、で基準が微妙に変わるので、こちらで確認していただくと良いと思います。

いくら借りれるのか?

借りれる金額も「無利息」か「利息あり」で変わってきます。
「無利息」の場合は月に2~6万ぐらいです。3~4通りの金額があって、そこから選べるようになっています。細かい金額はこちらで確認してください。
「利息あり」の場合は2~12万円の間で好きな金額を選べます。1万円単位になります。12万円を選んだら年間で144万円も借りれるので、大学費用がほぼ満額、奨学金で賄えることになるわけですね。

利息はいくらぐらいかかる?

「利息あり」の場合は、文字通り、利息を含めての返済が必要になります。どれぐらいの金利かというと、ほぼ0.2%以下です。こんなに低いんですね…。一応上限は3%になっているようですが、この調子だと上限まで達する日が来るのやら…。ちなみに基準はこちらを参照ください。

普段、金利に触れていない人からすると、この0.2%というのがどれぐらいの効果なのかはわかりづらいと思いますので、簡単な例をお見せすると…。500万円を0.2%で20年借りた場合は、利息は約10万円です。感覚は人それぞれ違いますけど、ローン界隈の基準で言えば、めちゃくちゃ低いです。例えば、キャッシングは約18%、投資用ローン約2.5%、住宅ローン固定約1.5%、住宅ローン変動約0.6%、これぐらいです。なので「利息あり」とはなっていますが、ほぼ無利息と考えても良いような気がしますね…。

返済期間は何年?

何年で返すの?という話ですが、借りた金額によって決まるようです。基準は書かれていないので、こちらの返済シュミレーションを利用いただくと良いと思いますが、毎月の返済額が同じになるように返済設計されるようですね。毎月12万円を4年間借りた場合で計算したら、月約25000円を20年間で返済するスケジュールが表示されました。

まとめ

奨学金について、どんな印象があるのかは人それぞれです。よく相談者に言われるのが、「子どもに奨学金を背負わせたくない」「生活保護みたいな感覚がある」あたりでしょうか。こればかりは価値観ですから、誰の意見も否定しない代わりに私の意見を言わせていただくと、普通に使った方が良いと思っています。理由はたくさんあるのですが、まず、現代で都内近郊に住みながら学費を大学まで用意してあげるというのは、一般的に収入が高いと言われる人達でも結構厳しいです。子どもが1人だけなら、まだなんとかなるかもしれませんが、2人、3人となると、共働きガッツリ家計じゃないと相当厳しいはずです。

そして、大学や専門学校に行くのならば、それなりに収入を得られる人間になってほしいと思いますから、社会人になって、たかだか月2~25,000円を払えないようなことでは困るということです。社会人になったら、奨学金を返していくんだ!という気持ちで学業に向かってほしいと思います。正直、あたりまえのように大学に進学した人間と、奨学金の仕組みを理解して、お金の大切さを重さを知って進学した人間では、既にスタートラインが変わっていると思っています。子どもが初めて自分のために勉強するお金のことが奨学金なのかなと思います。

ここだけの話ですが、奨学金で進学させて、しっかり学び社会人になったあと、親御さんに資金の余裕があるならば暦年贈与を使って返済分を毎年贈与してあげればよいのです。学費がかかっているリアルタイムで払うのも、少し後に払うのも同じことですからね。

まぁとにかく奨学金は今後も大いに利用するべきだと思う。そんなお話でした。

関連記事

  1. 社保ってなに?

    社保ってなに?

  2. 育休をもらえるようにしておこう

  3. 社保って誰が入るの?

    社保って誰が入るの?

  4. 標準報酬月額ってなんですのん

  5. 扶養から外れて社保に入るべきなのか?

  6. 社会保険の金額

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。