標準報酬月額ってなんですのん

こんにちは。
今回は、標準報酬月額についてお話していきますね。

知らんがな

突然だけど、この前、友達と会っていたんですね。

それで、その友達が、自分の友達Aの話をはじめたんですけど。

でも私さ、友達Aのことは知らないわけですよ。

だから、どんなにその人の話をされたとしても、わからないんですよね。

ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん案件ですよね。

友人Aって誰ですのん?ってなりますよ。

でも、こーゆーラッスン話、ありますよね。

そんで、なんでこの話をしたかと申しますと。

こーゆーお金の話すると、
聞いたことない言葉が多く出てきますでしょ?

そのたびに、ラッスンが来るわけですよ。
あーまたラッスン来たなーって思うわけです。

だから、よくラッスン状態に陥りやすい、
標準報酬月額について今回は話そうと思います。

標準報酬月額とは

標準報酬月額っていうのは、
年金とか健康保険とか、
そーゆー国の制度の計算の話になってくると、
ちょいちょい顔を出してきます。

それぞれの年収によって支払い額が違うよ!
って話の時に、頻繁に出てきます。

もうね、すぐ、「あーそれは標準報酬月額でー」
って言ってきますからね。

出た…また標準報酬月額かよ…
ってなるわけですよ。

ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん。
標準報酬月額ってなんですのん?って話です。

だから私が教えちゃいます。
内容はシンプルだから安心してスクロールして行ってください。

自分の標準報酬月額を知ろう

3か月平均の支給額

4月5月6月の給与明細集めてきたら、すぐです。

給与明細の支給額のところの金額ありますでしょ?

それ全部足して、3で割っちゃってください。

そう。つまり平均の金額です。

それをスマホかなんかで、メモしておいてください。

等級表の見方

そしたら次に、等級表を開いてみてください。

開くと数字がぶわぁーって書いてあるけれど、
「報酬月額」ってところを見てみて。

〇〇~〇〇ってなってますよね。

さっきのメモに書いた平均の金額の範囲を探してみて。

ありました?

見つかりました?

そのまま右見てみてください。

そこに書いてある金額が、
あなたの標準報酬月額ってことなのです。

簡単ですよべ?

給与明細と等級表があれば、すぐわかっちゃう。

都道府県によって若干違うから、上の東京都のところ変えてね。

おすすめ等級表に出会う

ってか、上で貼った等級表、めっちゃ見やすくないですか?

許可もらったわけじゃなくて勝手に載せちゃったんですけど…
株式会社セルズって会社のサイトみたいですね。
システムとか売ってるみたいだけど…

確かに、こんなに見やすい等級表載せてるんだから、
絶対いいシステム作ってくれるんだろうなぁ…。

今度、何か依頼してみよう…。

とりあえず、怒られたら消すとして、
一旦このまま使わせていただくことにします。

毎年違う

こんな感じで、自分の等級表とかを知るのは簡単なんですけどね。

当然、毎年給与がずれるから、
その年、その年の標準報酬月額って違うわけですよ。

今年はいくらだけど、昨年はいくらだったー。
みたいな感じで。

実際、自分で計算することって人生が数回しかないかもですけど、
知っておくと、ちょっとしたラッスンを回避できるかもしれません。

今回は以上です。

関連記事

  1. アベノミクスとは

  2. 開業届について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。