アルバイトやパートが社保に加入するのはどんな時?

アルバイトやパートが社保に加入するのはどんな時?

こんにちは。

前回、『どんな人が社保に入れるのか?』という質問に、お答えしましたが、今回は正社員ではなくても(パート・アルバイト等)社保に入れる場合についてご説明します。

前回の話を読んでない方はこちらを読んでね→どんな人が社保に入れるの?

パン工場の今後の経営のためにも、コストを減らしたいジャムおじさんは、未だ正規雇用していないチーズとクリームパンダちゃんの社保については払いたくないと考えているでしょう。

果たして、彼らは社保に加入することができるのでしょうか?

パート・アルバイト等の社保加入には条件があります。

これを、満たしていると、ジャムおじさんはチーズとクリームパンダちゃんを、社保に加入させなくてはいけません。

4分の3ルール

まず何より、このルール。

昭和55年に定められたという、ルールの中の老舗。

同じ現場の社員さんたち労働時間の4分の3以上働いているなら、雇用形態関係なく社保加入という老舗ルールがあります。

ここで、チーズ選手とクリームパンダ選手、二人とも顔を曇らせております。

4分の3は重い…!

アンパンマンとバタコさんの労働時間は、労働基準法などどこ吹く風。
かなりの長時間労働を担っているため、それの4分の3はかなり基準が高いのです。

諦めかけた2人に朗報。

仮に、4分の3未満だったとしても、これから説明する5つの条件を全てクリアすれば、ジャムおじさんは社保の加入を許可しなくてはなりません。

条件1 1週間で20時間以上の労働

まず、1つ目の条件が、「1週間で働く時間が、20時間以上あると決まってる人」です。

週5で働いたとしても、1日4時間働けば条件を満たしたことになります。

チーズは若干微妙な気はしますが、クリームパンダちゃんはパンの配布から、アンパンマンの戦闘までサポートしているので、ここはクリアしていると考えます。

条件2 1カ月の給与が88,000円以上

微妙っっ…!!

通常、1週間で20時間以上の労働があるのならば、1カ月の給与が88,000円より高い条件は、おのずとクリアになるはずです。

しかし、何度も、本当に何度も申し上げますが…!

ジャムおじさんがさっっ!!

無料でパンを配るからさっ!!

一般的な時給が発生しているのか、そこが極めて微妙なところです。

条件3 1年以上の働く見込みあり

これは余裕。

クリームパンダちゃんは1998年からパン工場で働いているため、今更1年の雇用がどうか…というレベルではない。

チーズに至っては、1982年1月にパン工場に入社している。

条件4 学生ではない

この条件は、あたりまえすぎて、説明が省かれることもしばしばです。

当然、クリームパンダちゃんもチーズも学校には通っていないためクリアです。

条件5 501人以上働いている

パン工場はかすりもしないですね。

500人以下なら労使の合意あればOK

しかし、現在のルールでは従業員が500人以下でも、働いている人の半分以上と、雇っている側が同意すれば、社保に加入できることになりました。

今回で言うと、チーズとクリームパンダちゃんが社保を希望し、ジャムおじさんが同意すれば、二人も晴れて社保加入ということになります。

ジャムおじさんが同意…するのか…?

できれば断りたいことでしょう…が、しかし、こちらの写真をご覧いただきたい。

Anpanman しょくぱんまんとクリームパンダ - 動画 Dailymotion
食パンマン「なぁ、チーズ」チーズ「アン?」食パンマン「アンじゃなく ...

これは、パン工場の競合、しょくぱんまん氏による、ヘッドハンティングの目撃情報と、その証拠写真です。

しょくぱんまんの工場を、法人化し、全員に社保加入の待遇を用意する。
そして、チーズとクリームパンダちゃんには工場長の地位を与えるという、破格の条件で交渉しているとのこと。

確かに、このまま現在のパン工場で働いていたとしても、この2人には得ることのできない地位です。

ご覧いただきたい、この2人の表情を。

まんざらでもない…いや、むしろ、もう心の中は決めているというか、なんなら明日からもうパン工場に来ないんじゃないかっていうね。

こうなってしまうと、ジャムおじさん的にも、社保に了承するしかないわけです。

条件をまとめていく

では、社保に入れる人を整理していきましょう。

まず、正社員。

次に正社員の労働時間の4分の3以上働く、パート・アルバイト。

次に
・1週間の労働時間が20時間以上
・月の給与88,000円以上
・学生ではない
・1年以上働く見込み
・従業員数501人以上or従業員数500人以下なら労使合意
これ全てクリア

ということですね。

覚えておきましょう。

関連記事

  1. 社保ってなに?

    社保ってなに?

  2. 健康保険の扶養に入れるのは誰?

  3. 扶養から外れて社保に入るべきなのか?

  4. 社会保険の金額

  5. 育休をもらえるようにしておこう

  6. 公的年金の種類にはなにがあるの?

    公的年金の種類にはなにがあるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。