なんで導入するの?企業が確定拠出年金をスタートする理由!

なんで導入するの?企業が確定拠出年金をスタートする理由

確定拠出年金には、企業型と個人型があります。

これは、誰が申込みをして、誰がお金を負担しているか。によって違うのです。

会社(勤め先)が申込みをして、会社が毎月の積立金を負担する。

これを、企業型確定拠出年金と言います。
別名でDC(ディーシー)とも言われます。

自分で申込みをして、自分が毎月の積立額を負担する。

これを、個人型確定拠出年金と言います。
別名でiDeCo(イデコ)とも言われます。

勤め先で企業型確定拠出年金の導入が無い人が、個人型確定拠出年金を申し込むことができるんですね。

企業が導入する理由

では、わざわざ積立金を負担してまで、企業が従業員のために導入する理由はなんなのでしょうか?

簡単に言うと、退職金の代わりなんです。

ここで退職金の仕組みを、おさらいしましょう。

退職金ができるまで

企業側が従業員に対して、

「退職する時に、お疲れ様の意味を込めて1000万円あげるね!」

という約束をします。

そのために、企業側は必至に資産運用をして、従業員が退職する時までに約束の金額を用意するんですね。

ただここ最近は、日本国債の利率なんかを見てもお分かりいただけるように、資産運用で利益を出していくのが簡単ではなくなってきました。

そうすると、退職する時に約束の1000万円の用意が間に合っていない場合があります。

間に合わなかった時に、どうするのか?

「500万円しか用意できなかった!ごめんね!」

では、済まされないのです。

退職金についての規定というのは、会社それぞれで自由に決められるのですが、決めたあとには簡単にルール変更をしたり出来ないのです。

なので、今回のように500万円しか用意できなかった場合には、足りない500万円は・・・

会社の利益で補填しますー!!
(あわわわわわわ・・・(;´Д`))

従業員は1人じゃないですよね。

全員分補填してたら、会社が潰れちゃうよ!!

ということで、確定拠出年金が導入されました。

退職金のための運用資金を、最初から従業員に渡してしまおう。

そうすれば運用資金は従業員のものです。

運用も従業員の自由!

運用の利益も全て従業員のもの!

運用の損失も全て従業員の責任!

渡した運用資金が500万だったとしたら・・・。

全く運用しないで、退職時に500万円のままだったとしても。

少しだけ運用して退職時に800万円になっていても。

ハイリスクハイリターンで運用して退職時に0円になっていても、逆に5000万になっていても。

全部、従業員の責任であり、従業員のものなのです。

そうすることによって、退職金を無くすことなく、会社の経営も安定させられる。

ナイスな制度なのです。
(賛否はありますけどね)

もともと退職金がない企業

もともと退職金がない企業は、わざわざ導入する必要はないですよね。

会社に確定拠出年金が導入されていない企業は、もともと退職金が無い。というところが多いかもしれません。

確定拠出年金も退職金もある企業

確かに、資産運用がうまくいかなかった時に、利益で補填するのは厳しいけども。

別に全部を確定拠出年金にする必要はない。という企業もあります。

その場合は、今までの半分だけを確定拠出年金にするよ、ってなることが多いですね。

従来の1000万円の退職金のうち、500万円は変わらず会社で用意するから、500万円は確定拠出年金で頑張ってね!ってことです。

ちなみに、会社が用意する退職金の方は「確定給付年金」と言います。
別名「DB(ディービー)」です。

まとめ

確定拠出年金がよいのか。

従来の退職金(確定給付年金)がよいのか。

人それぞれですよね。

でも、もしも勤め先が確定拠出年金を導入したのならば、それは従業員側が対応していかなきゃいけないことですし、

これからの時代に運用の経験ができるのは、とても良いことだと思います。

急に確定拠出年金を導入されて、放置しそうな予感がしたら、こちらからご連絡くださいね。

運用の専門家から、確定拠出年金の運用方法を教わってみてください。

ちゃんと運用している人と、していない人では、将来受け取る金額が100万、200万と差が出ることは珍しくないですから。

関連記事

  1. はじめるだけで得をする!確定拠出年金ってなに?

    はじめるだけで得する!確定拠出年金ってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。