みんなの食費はいくら?みんな違ってみんな良い理由!

みんなの食費はいくら?

FP相談の体験談のなかで、

今日は「食費について」話していこうと思います。

FP相談のなかで、食費の話になることがあります。

自分達の食費の金額は妥当なのか?

という質問が、よくあるからです。

他のみんなはいくらぐらい使っているのか、結構気になるみたいですね!

500件ほどの家計を見てきた私の感覚ですが、

1カ月の平均は5万円かなぁと思います。

ちなみに外食無しで、あくまで自炊した場合です。

外食代は交際費の方にまとめちゃいますので。

1番安かった人は、家族4人で1カ月の平均が2万円でしたね。

近くに安いスーパーがあるのかなんなのかわかりませんが、

シンプルに「すごい・・・」と心の中で呟きました。

多かった人だと、家族2人で1カ月の平均が 30万円でした。

もうこの場合は、365日外食スタイルでしたけどね。

でも、この真逆なスタイルの2つの家族が、

同じことを言ったんです。

何だと思いますか?

その食費の金額に対して、

「え?全然普通ですけど・・・」

と仰ったんですね。

そうなんです。

周りから見たら、「えええええええええ」ってなる事も、

本人達からしたら、あたりまえの事なんですよね。

食費2万円の家計では、

奥様の手料理が毎日食卓に並んで、

節約上手な奥様に旦那さんも感謝していましたし、

食費30万円の家計では、

夫婦でバリバリ仕事をしているので、

その分世帯収入が高くなりますし、

自炊の時間を減らすことで、

夫婦の会話の時間を大切にしていました。

両方とも、素敵だなぁ・・・って思いましたね。

ここで気になるのが、

平均と大きく乖離した食費を披露した2つのご家庭ですが、

果たして、自分達の世帯収支に照らし合わせた時に、

打倒な金額なのか?

ってところですよね。

要は、ちゃんと貯金していけてるの?

ってことです。

食費2万円のご家庭の診断は、

もう少し、「支出を増やして良いよ。」というものでした。

食費をあげるのかなと思ったところ、

奥様のご希望で、夫婦でデートする日を毎月1日作る!

ってことになりました(o^―^o)

食費30万円のご家庭の診断は、

もう少し「貯金をした方が良いよ。」というものでした。

共働き世帯に、よくある話なんですけど、

忙しいからこそ、固定費を見直す時間を作れていない場合が多く、

通っていないのに加入したままのスポーツジム

使っていないのに契約したままのポケットWi-Fi

会社に来てた保険屋さんから、気軽に入った万単位の保険料

利率が全くつかないような貯蓄方法

こういうものが、家計を分析すると出てくるんです。

やっぱり、このご夫婦にもありました。

一番の理由は保険でしたね。

だから、お二人の仕事終わりに、お二人の自宅付近のカフェまで行ってくれる保険屋さんをご紹介して、見直しをしてもらいました。

結果、食費や旅行はそのまま楽しんでいただけるようになりました。

結論、この2万円と30万円の2つの家庭は、

全く平均と違うにもかかわらず、

世帯収支に合っている食費額になったわけですね。

周りと比べる必要はありません。

ご自身の家庭にとって合っているのかどうか。

それが大切なのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。