シンプルに説明します!厚生年金のしくみについて。

シンプルに説明。厚生年金のしくみ

想像以上に長~い老後を迎える私たちには、老後にもらえる年金は、本当にありがたく大切なものです。

厚生年金に加入するということは、社会保険(社保)に加入する。ということになるのですが、社会保険料が手取りから引かれるのは抵抗ありますよね・・・。

気持ちはすごいわかるんですけど、、、

やっぱり、、、

入っておいた方が良いですよ、、、。笑

今回は、厚生年金ってそもそもなんなの?

についてお話したいと思います。

厚生年金ってなんなの?

65歳になったら、国からもらえる年金です。

国民全員がもらえる国民年金に、プラスされてもらえるのが厚生年金です。

誰でももらえるわけではなくて、社保に加入していた期間があった人が、老後に厚生年金をもらうことができます。

厚生年金っていくらもらえるの?

では、65歳以降にもらえるという、厚生年金の金額は、いくらなのでしょうか。

その話をするために、軽く社保をおさらいしましょう。

社保、いわゆる社会保険と言われるものは、

従業員が、病気になったり、怪我をしたり、高齢になったりしたときに、国で用意している大きな保険です。

原則、企業側は必ず、従業員に社保に加入させなきゃいけないことになっています。

社保の保険料は、企業と従業員で半分ずつ負担することが決まりになっています。

なので、給与明細に記載されている社保の金額は、あれで半分の額なんです。

社保と一言でまとめていますが、

・健康保険
・厚生年金
・介護保険(介護のみ40歳~)

これを全部をまとめて、社会保険と呼んでいます。

健康保険だけ加入とか、厚生年金だけ入らないとか、そういうことは出来なくて、全部セットで加入することになっていて、それをまとめて社保というんですね。

話を戻しますね。

65歳以降にもらえる厚生年金の額なんですけど、収入によって違います。

そもそも、社保の保険料が収入によって違うんですね。

収入が高い人

社保の保険料が高い

社保の保険料が高い人

厚生年金のもらえる額も高い

こういう考え方です。

計算方法は別のページで説明していますが、結構複雑です。
<参考ページ:厚生年金の計算方法

セミナーでも、よく計算方法は説明しますけど、参加者を夢の世界へ連れてくだけでしたね・・・。

自分の年金を簡単に知るためにおすすめなのは、アプリを利用してしまうことですね。

厚生労働省が作成した「ねんきん情報アプリ」の、「老齢年金っていくら?」ってところから簡単に計算できます。

評価がとても低いことが気になりますが・・・。

すごいシンプルな作りで使いやすいですよ。

ただ、このアプリ・・・iPhone以外だと使えないようです・・・。

iPhone以外のスマホやPC利用者におすすめのアプリを探してみたのですが・・・あまり無くて・・・。

計算根拠がわからないので、私の立場から進めるのは少し抵抗がありますが・・・

三井住友銀行の年金シュミレーション」は使いやすいかなぁと思います。

三井住友銀行のシュミレーションの方はスマホでもPCでも見れますよ。

私のおすすめ基準を、一応お伝えしておきますね。

それは、「入力箇所が少ないこと!」です。

なぜか?と言いますと、理由は2つです。

1:シンプルにめんどくさいし、聞かれてもわからないことが多いということ。

2:正確な計算は無理だということ。

年金の計算というのは、こちらで説明しているとおり、とにかくたくさーんの数字が必要なのです。

過去の数字を全て把握し、

未来の数字をすべて正確に予想し、国のルール変更も起きない。

その前提がある上で、はじめて正確な年金額がわかるんですね。

まぁ、無理ですよね。普通に。笑

なので、どんなに細かく情報を入力したところで、結局は限界がある。

ということで、正確な年金額にはならない。

だったら、最小限の情報入力だけで、だいたいの予想額を出せれば、それで十分でしょう。

なので、上の紹介したアプリや計算ツールで、だいたの予想をしておく程度で良いと思いますよ。

ちなみに、全員加入している国民年金だけだと受け取れる金額は年間に約80万円。

さらにそこに厚生年金がプラスされるのですが、
多い人だと総額(国民年金+厚生年金)で年240万円になることもあります。

厚生年金の最低加入期間は?

要は社保に加入していた期間ということですが、最低期間というのはないんですよね。

社保は日割りという概念がなくて、仮に2週間でやめてしまっても1カ月分払うことになります。

(どういう状況?って感じですけど・・・笑)

だから、最低でも一カ月は加入していることになります。

そして、1カ月でも厚生年金に加入すれば、その分を受け取ることができます。

ただし、厚生年金はあくまで国民年金の上乗せ分です。

国民年金が最低加入期間を満たしていなければ、いくら厚生年金に加入していたとしても、どちらも受給できないので注意です。

※国民年金の最低加入年数は10年です。
<参考ページ:国民年金について

厚生年金は何歳まで加入できるの?

69歳までです。

厚生年金というか・・・”社保”なので、あくまで ”65歳以降も働いている” 場合ですけどね。

あるある質問:年金は65歳~スタートするのに、69歳まで年金を払う!?

この”払いながらも受け取る5年間” 

は、減額もしくは全額停止されます。
<参考ページ:在職老齢年金

厚生年金はどうやって払うの?

給与から厚生年金保険料というかたちで引かれています。

厚生年金は、自分で払う手続きはしません。

社保なので、勤め先が手続きをしてくれます。

厚生年金保険料の中には国民年金も含まれているので、別途自分で国民年金を納める必要はありません。

厚生年金はいくら払う?

自分が払っている額を知れれば良いよー!いう人は、給与明細を見ちゃってください。

記載されている額が、自分が負担している額。

更に同じ金額を、会社が払ってくれています。

決まり方が知りたい方のために、簡単に説明すると・・・

標準報酬月額の18.3%です。

え? 標準報酬月額?って感じですよね。

標準報酬月額とは・・・

4~6月の平均月収を等級表にあてはめた金額です。

こちら↓で丁寧に説明していますので、良かったら読んでくださいね。
<参考ページ:標準報酬月額

この、標準報酬月額を基に保険料が決まっています!
<参考ページ:都道府県毎の社会保険料額表

まとめ

これが厚生年金の実態です。

厚生年金で月5万円でもプラスで入れば、65歳~100歳の36年間で受け取る総額は2160万円です。

今年35歳の人が、65歳になるまでの30年間で、2160万円を貯めようとしたら・・・

月6万円の貯金が必要です。

さすがに、社保でそこまで払いません。

企業も半分負担してくれますからね。

今、手取りが減ることで生活が困窮するのであれば、タイミングは見た方が良いでしょうか・・・。

そうでないのであれば、社保は前向きに加入した方が良いでしょうね。

実際は、厚生年金をもらったとしても、老後資金が足りないことがほとんどですから、この機会に全体の貯金状況など見直しましょう。

すべてはバランスです。

貯金しなさすぎもだめ。

貯金しすぎもだめ。

ほどよいバランスを見つけましょう。

関連記事

  1. はじめるだけで得をする!確定拠出年金ってなに?

    はじめるだけで得する!確定拠出年金ってなに?

  2. 簡単にわかりやすく。そもそも確定申告ってなに?

    【簡単にわかりやすく】そもそも確定申告ってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。