医療保険って本当に必要?自分で判断するために!

医療保険って本当に必要?自分で判断するために!

保険と言ったら、医療保険!と言っても過言ではないですよね。

でも、なんとなく入っているその保険の内容と意味。

本当に理解していますか?>_<

やっぱり、自分が理解しないと、いくら保険の窓口に行っても納得できません・・・

今回は医療保険とは、そもそもなんなのかをご説明します!

医療保険とは

医療保険とは・・・

入院や手術をしたときに、保険会社からお金がもらえるようにするために、加入するものです。

よく「日額10,000円」という言葉を聞くことが多いと思いますが、それはほとんどが医療保険のことです。

医療保険の内容のメインは

入院したときにお金がもらえる「入院給付金」

手術したときにお金がもらえる「手術給付金」

となっていて、

基本的な医療保険は、両方ついています。

入院給付金ってなに?

入院した時に、もらえるお金のことです。

日額〇〇円というのは、入院したときに1日に付きいくらもらえるのか。という意味です。

日額10,000円や日額5,000円が多いように感じます。

例えば日額10,000円と決めて申し込んだら・・・

10日入院をした場合には、10,000円×10日で10万円が保険会社から振り込まれることになります。

手術給付金とは

手術をしたときに、保険会社から振り込まれる金額です。

金額は入院日額に連動していることがほとんどですね。

保険会社によって違いますけど、だいたいの手術給付金は入院日額の20倍です。

入院日額10,000円にしたなら、自動的に手術給付金は20万円に設定されています。

入院日額はいくらが妥当なの?

入院日額はいくらにしたら良いのでしょうか。

正解はないんですが・・・

FPによっても意見違いますし・・・。

だから、あくまで一意見ですが・・・。

1日入院するってことは、その日は当然仕事に行けないわけです。

生きていくために、最低でもその日に稼がなきゃ行けなかった金額を、保険で補填してもらうと考えます。

入院日額を決める3つのポイント

1:1ヶ月間で必ず必要になるお金を計算します。

生活費、居住費、生命保険料、教育費、あたりでしょうか。

あとは、請求を止められない支払いです。例えば、積立式の貯金、奨学金とかですね。

娯楽費とかは、さすがに入院した月ぐらいは控えれば良いのでカウントしません。

2:医療費を考えます。

とは言っても、どんな怪我や病気をするのか。その時にいくらの治療を選ぶのか。なんて、今予想するのは無理です。

でも、医療費ってどんなに高くても、

1ヶ月10万円を超えない話って聞いたことありますか?

高額療養費制度というものがあるからです。

どういうものなのかは、別ページで説明するとして、医療費は1ヶ月10万円と考えましょう。

3:入院時のサービス

高額療養費制度のおかげで、1ヶ月10万円以上の医療費はかかりませんが・・・

差額ベット代や入院中の食事代は対象外です。

食事は全国一律460円なので約500円と考えると、朝昼夜の3食で1500円です。

差額ベット代は部屋を我慢すれば良いけど、食事を我慢するわけにはいかないので、考えておいた方が良いですね。

ここは、人によりますが・・・

入院するなら、部屋にもこだわりたいという方。

差額ベット代が、だいたい3~7,000円だから平均なので、5,000円ぐらいで考えておくと良いでしょう。

では、生活費が20万円、止められない請求が2万円だったとします。

更に、医療費が高くて10万円。

この合計を日割りします。

合計32万円を30日で割ると・・・

約11000円です。

更に、1日の食費1500円を追加するなら、12500円。

更に、差額ベッド代5000円を追加するなら、17500円。

この計算で考えるなら・・・

日額11000円〜18000円程の医療保険に入れば良いということですね。

医療保険は入らない方が良い

では、私の結論はと言うと・・・

日額18000円の医療保険に・・・

ではありませーん!

高すぎるよぉぉぉーーー!!

私のおすすめは「入らない」です!

こんなに計算させておいて・・・

って感じですよね。すみません。

でも、この内容を理解して、自分で決めることが大切だったのです。

入らない選択をする3つの理由

1:上限10万円なんて滅多にいかない。

高額療養費制度の話を読んでいただければわかりますが、上限10万円も行くことなんて、ほとんどありません。

本人に了承を得ているので書かせていただきますが、白血病の友人の抗がん剤ですら、10万円もかかっていません。

3ヶ月に1回5万円ほど払っているそうですが・・・。

ってことで、だったら医療費として、ある程度貯金しておけば良いかと思います。

2:有給休暇や国の補償

まぁ、まず1〜2日なら有給休暇使えますよね。

もし4日以上長引くようでも、労災や傷病手当という国の保証で給料の約6〜8割負担してくれます。

3:保険料の総額を考えてしまう。

医療保険料が月5000円だったとして、30~65歳まで保険料を払ったら、総額210万円にもなります。

保険はお守りなので、こういう考え方をしたら良くないのかもしれませんが・・・

医療保険で払った保険料の総額より、受け取った保険金額の方が多かった!って人は、ほとんどいらっしゃらないかと・・・。

この1、2、3の考えから、

だったら保険料の分を毎月貯金しておこう!

と私は考えてしまうのですm(._.)m

ある程度の貯金が(高額療養費制度の上限分を捻出できるぐらい)貯まるまでは医療保険に加入して、

貯まったら保険を解約するのも良いかもしれません。

まとめ

保険に正解はありませんが、最低限の考えを紹介しました。

適切に入ればお守りですが、入りすぎて保険貧乏にならないように注意しましょう。

あなたの生涯のお金を、2〜300万円動かすお話しです!

わからないで、そのままになるぐらいなら、一度ご連絡くださいね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。