年末調整とは

会社は毎年年末に社員の年末調整をします。
年末調整により、一部お金が戻ってくる人が多いので、ちょっとしたボーナス気分で嬉しかったりするんですけど、年末調整ってなんなんでしょうか。
今回は年末調整の正体を説明していきます。

年末調整とは

収入にかかる税金

仕事をしている人は、収入がありますよね。
大半の方は給与収入だと思いますが、どんな形であれ、収入がある人は税金を納めなくてはいけません。
収入に対してかかる税金は、基本的には「所得税」と「住民税」です。

所得税と住民税

住民税は昨年の収入に対して計算されているので、ハッキリと金額が決まっていますから、会社は給与からその分を引けば良いのです。

しかし、所得税は今年の収入に対して計算されます。
所得税は累進課税になっていて、収入の金額によって税率が違うのです。
そうなってくると、12月の最後の給料がわかった時に、初めてその年の1年分の正確な所得税がわかるわけですね。

所得税を徴収する

12月の給料から1年分の所得税を引こうとしてしまったら、給料は0になってしまい、それどころか追加で払わなきゃいけない社員が出てくることになります。

払う社員も、徴収する会社も、すごく大変ですよね。

そうならないように、今年のこの人の年収はいくらぐらいになりそうだな!と会社が 少し多めに予想をして、1月の給与から予想所得税額を引いているんです。

だから、毎月の給与明細からは所得税が引かれていると思います。
でもあれは、正確な所得税ではなくて、予想の所得税なんですよ。

年末調整

そうして12月になり、1年間の収入がわかったところで、改めて計算をして本当の所得税額を算出します。

1月から給与から引いていた予想所得税額を比べてみると、だいたい実際の所得税額より予想所得税額の方が多いので、多い分を12月の給与に上乗せして社員に返してくれるんです。

この12月に実施する調整を年末調整と言います。

控除も調整される

他にも、所得税を下げるための控除があるなら、その分もこのタイミングで会社は計算してくれます。
保険料控除証明書とかを会社に提出しますよね?
控除分も税金が下がるので、12月に社員にその分も返せるように提出を求められるんですね。

まとめ

日々、なんとなく行われている年末調整ですが、私たちが無理なく税金を納めることが出来るように考えられた非常に効率の良いやり方なのです。

関連記事

  1. 確定申告入力方法【給与所得者の控除の申告】

  2. 確定申告をはじめる

  3. 2020年度税制改正大綱・NISA

  4. 事業所得者の確定申告(白色申告)

  5. 確定申告入力方法【還付・納税方法】

  6. 土地・建物・設備の内訳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。