事業所得者の確定申告(白色申告)

事業を始めると「事業所得」を得ることになります。
事業所得得たら、国に報告して税金を納める必要があり、この作業を確定申告と言います。

確定申告を進める前に

このページでは収支内訳書から説明していきます。
そこまで進めるための方法がわからない場合は、下記のページを参考にしてください。

【参考ページ】

確定申告の基礎知識
確定申告をはじめる

作成開始

「作成開始」を選択します。

提出方法と書類の選択

決算書・収支内訳書の提出方法の選択

ここでは「印刷して郵送等で提出する」を選択します。
(このサイトでは、この方法で進めていくことにしています。
 「e-Taxで送信する」方法を選択しても構いません。)

作成する決算書・収支内訳書の選択

白色申告にする人は「白色申告書に添付する収支内訳書を作成する。」
を選択します。
参考ページ:青色申告と白色申告の違い

収支内訳書の選択

青色と白色で若干ページが違いますが、どちらの場合も「不動産所得用」を選択します。

白色申告用のページ
青色申告用のページ

収支内訳書を入力していこう

売上金額

売上(収入)金額を選択します。

支払いをしてくれている会社名と住所、本年度で受け取った金額の年間合計を入力します。
複数ある人は全て入力するようにしてください。
入力したら「入力終了(次へ)」を押します。

収支内訳書に戻ると、数字が反映されていると思います。

経費を入力していこう

経費の分け方は「経費の種類と分け方」を読んでみてくださいね。

該当するところに入力していくのですが、先ほどの売上のように別ページに行くのではなく、この収支内訳書のページに直接入力していくかたちになります。

こんな感じで該当するものに金額を入力したら「入力終了(次へ)」をおしましょう。

下記のように反映されているページが確認されたら更に「入力終了(次へ)」をおしましょう。

専従者控除

専従者控除とは親族で自分の仕事を手伝っていて、それに対して給与を支払っている場合(一定の基準あり)にあるものなので、基本的にはこのページも何もせずに「次へ」で進んで構いません。

住所・氏名等の入力をしていこう。

氏名などを入力していきます。
シンプルに入力していけば良いのですが、つまずいてしまったら「確定申告入力方法:氏名・住所等」を参考にしてくださいね。

印刷しよう。

印刷します。
念のため、保存もしておくと良いと思います。
ここも単純な印刷作業ですが、わからなければ「確定申告入力方法:印刷」を参考にしてください。

申告書を作成します。

下記の画面が出たら「OK」を選択します。

「作成開始」を選択します。

生年月日等の入力

申告の種類はチェックを付けずに進みます。

ご自身の生年月日を入力します。

下記にチェックをします。
「入力終了(次へ)」を選択します。

下記のような画面が出てきますので、「OK」で進んでください。

所得・所得控除等の入力

下記のような画面に移動します。
ここでは様々な控除を入力していきます。

自分が該当する控除の文字を押すと、別の入力画面に移動します。

そこに入力をしていくことで、この画面にどんどん反映されていきます。

控除の内容によって入力が違うので、わからない人は「確定申告の各控除の入力方法」を参考にしてくださいね。

所得税の納付額・還付額の確認

控除を全て入力し終わったら、税金の納付と還付を確認してみましょう。
納める税金に金額が表示されている場合は支払うことになり、還付される税金に金額が表示されている場合は、税金が戻ってくることになります。

そのまま「次へ進む」を選択します。
還付や納税についての金額案内画面が出ますが「OK」で進みましょう。

住民税等の入力

住民税の支払い方を決めていきます。
「住民税・事業税に関する事項」を選択して入力していきましょう。
参考ページ:確定申告入力方法【住民税等】

納税方法・還付口座について

還付がある場合は、還付される口座を入力します。
納税がある場合は、納税方法を選びます。
参考ページ:確定申告入力方法【納税・還付方法】

住所・氏名等の入力

シンプルな作業です。
ご自身の情報を入力していきましょう。
「次へ進む」を選択し、マイナンバーの入力もしていきます。

印刷

印刷します。
念のため、保存もしておくと良いと思います。
ここも単純な印刷作業ですが、わからなければ「確定申告入力方法:印刷」を参考にしてください。

提出

印刷した書類に、添付資料を付けて提出します。

参考ページ:確定申告入力方法【提出】

まとめ

これで確定申告は終了です。
お疲れ様でした。
ちなみに黒字で納税がありましたよ。
という方は、税理士に依頼して「青色申告者65万円特別控除」を受けたほうが、税理士費用を払ったとしても効率が良い可能性が高いです。
税理士さんも良心的な方なら、まずそこらへんも考えて見積もりをしてくれたりするのでご興味がある方は考えてみてください。
税理士さんを探せない方にはご紹介もしております→税理士紹介希望の方

関連記事

  1. 確定申告入力方法【提出】

  2. 確定申告入力方法【還付・納税方法】

  3. 確定申告入力方法【印刷・保存】

  4. 確定申告入力方法【住所・氏名】

  5. 住宅ローン控除(2年目以降)

  6. 確定申告入力方法【給与所得者の控除の申告】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。