確定申告ってどうやってはじめるの?

こんにちは。

今日は、こちらの質問に答えていきたいと思います。

確定申告の進め方は2つございます。

・確定申告会場に行く
・パソコンで進める

1つずつ説明していきますが、その前に、ご自身の管轄の税務署がどこなのかを調べましょう。

管轄の税務署を調べる今どきの方法

「税務署 管轄」とググりましょう。

確定申告会場へ行く

特設会場を事前にググる

確定申告会場は、税務署になっている場合と、特設会場が設けられている場合がありますので、事前にチェックしましょう。

特設会場が別にあるのに、税務署に行かれますと
「また来たよーww今日何人目だよーwwちゃんと調べてから行けよーw」
という顔を受付でされるという、精神的苦痛を味わうことになります。

そうならないように事前に「〇〇税務署 確定申告 会場」とググりましょう。

場所がわかったら出かけましょう。

出かける前の注意点

出かける前の注意点を特別に教えます。

服装について

まず、知り合いに会う可能性は非常に低いです。
ましてや、昔好きだった人、元カレ、元カノとの遭遇率は非常に低いと言えるでしょう。
ただ、当日は税務署が集めた、スタッフの方が大勢おります。
私の経験上ですが、年齢は20代~30代が多く、顔面偏差値は割りと高めです。
出会いを求めている方は、身だしなみは整えておいた方がよろしいかと思います。

ゆっくり連絡先を交換するような余裕はございませんので、念のため、ご自身の連絡先を記入したカードを数枚、ポケットにしのばせておくとスムーズです。

しかし、高いヒールはNGです。
祝日のディズニーランドのスプラッシュマウンテンより並びますので、足が疲れない靴をお選びください。

出かけるとき

ガスの元栓と、玄関の施錠を忘れないようにしましょう。

パソコンで進める

パソコンの電源をいれます。

作成画面まで進む

国税庁のホームページ を開きます。

このまま下にスクロールしていただきますと「国税電子申告・納税システム(e-TAX)』とございますので、押してくださいませ」

こちらは、個人の方を押してくださいませ。

確定申告書を作成するに、お進みください。

作成開始を押します。

提出方法を選ぶ

ここで提出方法を選ぶのですが、印刷して提出がおすすめです。

このままパソコンで進めたら、最後に書類を印刷して、税務署に送るか持参するやり方です。

めんどくさいと思われた方のために、マイナンバーカード方式と、ID・パスワード方式をご説明します。

マイナンバーカード方式

こちらの方法は道具が揃っている必要がございます。

必要な道具は
・マイナンバーカード
・読み取り専用のカードリーダー
が必要でございます。

マイナンバーカードを発行していない方は、すぐさま、この方法はお諦めください。

カードリーダーはドラえもんに泣きつくか、Amazonで購入してください。

運悪く、ドラえもんが未来に帰っていて不在だったり、Amazonでどれを購入すれば良いかわからない場合は、スマホで専用のアプリをダウンロードすることも可能です。

アプリに対応していないスマートフォンもございますので、
地方公共団体情報システム機構 で確認するようにしてください。

噂ではiPhone7から対応しているそうです。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式は、一度税務署に足を運んで発行してもらう必要があります。

ちなみに税務署で出会いは100ございませんので、スッピン、寝ぐせヘアーで問題はございません。

対象年と申告書の種類

確定申告する年分と、申告書を選びます。

稼ぎを報告する人は「決算書・収支内訳書」をご選択。

控除などの申告のみの人は「所得税」を選択してください。

国税庁「作成開始をおしてくださいませ」

これで確定申告を進めることができます。

ご自身に一番合っているものを選んでいただきたいと思いますが、会場や税務署に直接行く方法は、心底うんざりしますので、本当パソコンでやった方が全然楽ですよ。笑

関連記事

  1. 青色申告のメリット

  2. 青色申告と白色申告

    青色申告と白色申告ってなに?

  3. 青色申告の申請方法

    青色申告の申請方法

  4. 確定申告ってなに

    確定申告ってなに?

  5. 経費を勘定科目に分けるとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。