確定申告入力方法【住所・氏名】

ネットで確定申告した場合の住所や氏名の入力の仕方を説明します。
突然、このページに来ても意味不明だと思いますので、一から確定申告手順を学びたい方は「確定申告一覧」に移動してくださいね。

住所や氏名などを入力していく

納税地

住所を選択します。

住所情報

ご自身の住所情報を入力します。

事業所情報

事業所がある場合は事業所の住所を入力。
無い場合は「住所(自宅)と同じ」ボタンを押して自動入力です。

提出先税務署

ご自身の管轄の税務署を入力してください。       
わからなければ「管轄の税務署を調べる」で簡単にわかりますから、押してみてくださいね。

氏名

整理番号

税務署から送付されている申告書があればそちらに記載されています。
初めての確定申告等だと送付されてこないので空白で結構です。

提出年月日

税務署に提出する日が決まっていれば入力します。
不明なら提出当日に手書きしても大丈夫です。
郵送する場合は「通信日付印」を記載します。
「通信日付印」とは郵便局に出す時に押印してもらえる「消印」のようなものです。そのためポスト投函ではなく直接郵便局に持っていく必要があります。
郵便局に、今日出すと「通信日付印」は何日になるのか?教えてもらってから記載して行きましょう。

青色申告決算書

白色申告の人は空白で良いです。
青色申告の人は入力していきます。
不動産所得のみの人は、赤文字で書いてある通り、「1」だけで良いです。

1.業種名又は職業
ご自身の職業を入力してください。(内装業など)
不動産所得のみの人は「会社員」と書いておけば良いです。

2.屋号
必須ではないので空白でも大丈夫です。
私はいつも「PAS A PAS」と記載しています。

3.加入団体名
ほとんどの人が空白です。
ピンとこない人は空白で進みましょう。

まとめ

最後の青色申告決算書以外は、どのパターンの申告の人達も書き方は一緒ですね。

関連記事

  1. 年末調整とは

  2. 確定申告入力方法【提出】

  3. 青色申告と白色申告

  4. 開業届について

  5. 不動産投資の確定申告

  6. 事業所得者の確定申告(白色申告)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。