2020年度税制改正大綱・NISA

NISAには
・一般NISA
・つみたてNISA
・ジュニアNISA
がありますが、今回の改正では「一般NISA」がメインになります。

一般NISAから新NISAへ

大きく変わった点は
・期間が延長されたこと
・2階建てになったこと
この2点です。

期間の変更

今までは一般NISAは2023年で終了となっていましたが、2028年まで延長されることになりました。

2階建てへの変更

もともとの期限だった2023年までは今まで通り「一般NISA」として。
2024年からは「新NISA」に変更になり、1階と2階に分けられます。

【1階部分】
年間最大20万円で積み立ていきます。
1階部分ではリスクの低い商品から選ぶことになっています。
(具体的な商品は決まっていないけれど、「つみたてNISA」や「IDeCo」で選ばれているようなインデックス型や債券などになると考えられています。)
非課税期間は変わらず5年で、終了した後はそのまま「つみたてNISA」に移行することができます。

【2階部分】
年間最大102万円が投資できます。
従来のNISAのように株式などに投資できます。
この2階部分を利用できる人の条件が
・1階部分を利用している人
ということになり、原則は2階部分だけを利用することは不可です。

ただし、 現在一般NISAで株式などに投資しているので今更1階部分を使わないよ。という人は、2023年までに届け出をすれば、2階のみの利用が可能になる予定です。
非課税期間は変わらず5年です。
2階部分は「つみたてNISA」へ移行はできません。

1階と2階の合計で「122万円」ですから、現状の「一般NISA(120万円)」より金額は2万円増えます。
ただ、今までは120万円全額上場株式等に投資できていましたが、新NISAでは122万円のうちの20万円は1階部分となり、リスクの低い商品から選ばなくてはいけなくなっているので、上場株式等に投資できる額は実質102万円になったと考えると、減ったという見方もできるかもしれません。

一般NISAの変更点は以上です。

つみたてNISAは終了期間だけ変更

2037年までで終了でしたが、2042年まで延長されました。

浸透しなかったジュニアNISA

ジュニアNISAは延長せずに、最初に決めた通り2023年で終了となります。

まとめ

ちょっとややこしいですね…。
まぁ、いつかこれがあたり前になるのでしょう!

関連記事

  1. 確定申告入力方法【給与所得者の控除の申告】

  2. 土地・建物・設備の内訳

  3. 社会保険とは

  4. 日本の年金制度について

  5. 確定申告入力方法【提出】

  6. 国民年金(基礎年金)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。