高額療養費制度

1ヶ月間の治療費が高額になった場合に、お金を戻してもらえる制度です。
保険を考えるのに知っておくと良いでしょう。

高額療養費制度のしくみ

基本的なしくみ

私たちが病院で払っている治療費は全額ではありません。
( 詳しくは「日本の医療保険制度」を読んでくださいね )
原則は3割だけを病院の窓口で支払っているのですが、治療費自体が高額だと、いくら3割でも結構な金額になってしまいますよね。
ここでありがたいことに負担額にも上限が決まっているのです。
その上限を超えた分が戻ってくるというしくみです。

限度額はいくらか

限度額は「年齢」と「所得」によって違います。

大きく分けると下記の3つに分かれます。

・70歳以上で収入が370万円以上
・70歳以上で収入が370万円以下
・69歳以下

更にここから収入額によって上限額が分けられています。
細かい分かれ方は「高額療養費制度の上限額」を読んでくださいね。

世帯合算

扶養に入っている人達は別々の場所に住んでいても合算できます。
逆に一緒に住んでいても、共働きなどでそれぞれが別々に健康保険に加入している場合は合算できません。
詳しいことは「高額療養費制度の合算」を読んでください。

申請方法

公的医療保険に高額療養費の支給申請書を提出か郵送をします。
申請の方法は「高額療養費の支給申請書」を読んでください。
申請してから支給されるまでは少なくとも3カ月はかかるそうです。

対象となる医療費の種類

3割負担にしてもらえる医療費が高額療養費制度の対象にもなります。
どんなものが3割負担になるのかを詳しく知りたい方は「 日本の医療保険制度 」を読んでください。

申請を忘れた場合

診療を受けた日の翌月の初日から2年以内なら申請できます。

その他の便利な制度

高額療養費と一言で言っても事情に合わせて、寄り添った付属の制度がいろいろあります。
ここでは種類と一言だけ説明をしていきますので、詳しく知りたい人は各ページに飛んでください。

付加給付
 大手企業などが、従業員のために健康保険組合で用意しているものです。
 高額療養費制度で負担する上限以上の金額は返ってきますが、それにプラスして金額が返ってきます。
 助かります。

限度額適用認定証
 3割負担で済むとは言え…高額療養費制度で約3カ月以降に戻ってくるとは言え…立て替えるって大変ですよね。そんな場合にこれを病院の支払い時に出せれば、限度額以上は支払わずに済む(立て替えずに済む)魔法のカードです。

高額療養費の支給特例措置
 高額療養費制度は病気の種類によって負担額は変わりませんが、人工透析やHIVなど非常に高額な治療を長く続ける必要がある人には特例措置があります。
 原則として負担の上限額は1万円になるそうです。

高額医療費貸付制度
 3割負担で済むとは言え… 戻ってくるのは約3カ月以降です。遅くて立て替えられない人のために戻ってくる予定の金額の約8割を無利子で借りられます。

高額療養費受領委任払い制度
 私たちは病院の窓口で限度額まで支払えばOKとされ、本来自分で申請して戻してもらう金額を病院が申請してお金を受け取ってくれます。
 病院が立て替えてくれると考えた方がわかりやすいですね。

医療費控除制度
 1年間の合計で負担した金額が10万円を超える金額が課税所得から控除されるというものです。
 これは税金が安くなるものなので、よく節税で紹介されていることが多いです。

まとめ

普通に風邪などで病院に行くだけなら、高額療養費制度を使うことはないと思いますが、がんなどで抗がん剤をもらい続けるたりするときにはこの制度はとても助かります。
この制度がなかったら、がんの治療を中断しなくてはいけない人がたくさんいるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 私的年金

  2. 日本の年金制度について

  3. 厚生年金について

  4. 扶養の範囲内とは

  5. 保険の仕組み

  6. 社会保険とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。