がん保険のしくみ

こんにちは!
今回はがん保険についてお話します。

がん保険っていうのは、
シンプルにがんになった時のための保険です。

がん保険の内容

がん保険には、大きく2つのタイプがあります。

・がんと診断されたら一時金が出るタイプ
・がんの治療内容によって細かくお金が出るタイプ

ちなみ私は、一時金派なんですけど、
その理由も含めて話していきます。

がん診断で一時金が出るタイプ

シンプルに、
「あなたガンですよ」って言われたら、
まとまった金額が一気にもらえるというものです。

保険証券には診断給付金と書かれていることが多いです。

治療内容によって給付金が出るタイプ

これは、がんの治療方法によって給付金が出るものです。

・入院したら…10,000円/日
・手術をしたら…30万円
・抗がん剤治療…30万円
・放射線治療… 30万円

こんな感じで細かく決まっているものです。

全部に該当すれば、そこそこの金額になるのでしょうが、
1個だけしか該当しないことも多いようです。

おすすめは一時金タイプ

どちらかを選ぶのであれば一時金タイプをおすすめします。

今の時代は、がんの治療というと
・手術
・抗がん剤
・放射線
この3つのどれかになることが多いです。

そして、どれか1つだけの治療になる人も結構います。

現に、白血病と共に生きている友人は、
3か月に1回、検査に行って抗がん剤をもらって飲むそうで、
白血病が原因で手術したり放射線治療を受けたりはしていないんですね。

それより、抗がん剤の副作用で手が痺れるらしくて、
マッサージによく行くらしいです。

彼の一時金で受け取った100万円の主な使い道は、マッサージ代だそうです。

もし、彼が入っていた保険が、治療ごとに出るタイプだったら、
抗がん剤治療のための分しかもらえなかったわけです。

まとめ

今回は実際にガンに苦しんだり、命を落とされている方もいるので、
真面目に書いてみました。

最近のがん保険は結構安いです。

私は一時金の100万円だけの保険にしていて、月々2000円ぐらいです。

医療保険は無くてもいいと思いますが、
がん保険は安いものでいいので入っておくと良いと思います。

関連記事

  1. 保険の主契約と特約ってなに?

  2. 医療保険の日額はどうやって決めるの?

    医療保険の日額はどうやって決めるの?

  3. 医療保険って入院何日までお金もらえるの?

    医療保険って入院何日までお金もらえるの?

  4. 支払い期間と保障期間ってなに?

  5. 医療保険ってなに?

    医療保険ってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。