がん保険のしくみ

がん保険とは「がん」になった時に、お金をもらえるようにする保険です。
加入した方が良いのか、いくら加入するべきなのか、ここで一緒に考えていきましょう。

読むのは負担だという方は、良心的な保険屋さんを紹介しますのでこちらへお問い合わせください。

がん保険の内容

がん保険と一言で言っても、いろいろなタイプのものがありますが、大きく2つあります。

・がんと診断されたら一時金が出るタイプ
・がんの治療内容によって細かく給付金が出るタイプ

がん診断で一時金が出るタイプ

これはシンプルで「がん」と診断されたら、100万円などの金額がまとめて出るものです。
詳しくは「がん診断給付金について」を読んでください。

治療内容によって給付金が出るタイプ

がんと診断された後に

・入院したら…10,000円/日
・手術をしたら…30万円/1回
・抗がん剤治療…30万円/月
・放射線治療… 30万円/月

こんな感じで細かく決まっているものです。
いろいろ該当すれば大きな金額になることがあります。

おすすめは一時金タイプ

どちらかを選ぶのであれば一時金タイプをおすすめします。
理由は2つ
・シンプルなので保険会社への請求がしやすい
・治療以外にもお金がかかるので、まとめてもらえるのは助かる
これも絶対は無いですが、一時金タイプの方が今の時代には合っているように思います。

まとめ

がん保険に入るか入らないか、正解はないですが下記のページも読んで考えてみてくださいね。

がん保険について一覧

関連記事

  1. 保険の仕組み

  2. 支払い期間と保障期間

  3. 主契約と特約について

  4. 医療保険の仕組み

  5. 高額療養費制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。