日本の年金制度について

年金制度は3階建て

日本の年金制度は3階建てになっています。
1階は国民年金(基礎年金)
2階は厚生年金
3階は私的年金
という構成です。

国民も3つのタイプに分かれる

私たち国民も3つのタイプ分けをされています。
第1号被保険者
第2号被保険者
第3号被保険者
という構成です。

第1号被保険者

主に 「個人事業主(フリーランス)」「学生」「無職」「転職中」 の人がここに該当します。
社会保険(社保)に加入しながら働いている人以外のことです。

正社員だけど会社が社保に加入していないよ。という人は、この第1号被保険者になります。(基本的には正社員は社保加入になっていますが…)

逆にパートタイマーや派遣社員、契約社員など、正社員ではないけれど社会保険(社保)に加入しているよ。という人は、この第1号被保険者でなく、次に説明する第2号被保険者になります。

<参考ページ:国民年金
<参考ページ:社会保険
<参考ページ:社会保険の適用条件

第2号被保険者

社会保険(社保)に加入している人たちです。
国民年金と厚生年金の両方があります。

<参考ページ:社会保険
<参考ページ:社会保険の適用条件

第3号被保険者

配偶者が第2号被保険者で、自分の収入が扶養の範囲内に納まっている人たちが該当します。
自分の立場が夫なのか妻なのか、そこは関係ありません。
今は「主婦」も「主夫」もありえますからね~。

第2号被保険者は国民年金も厚生年金もありますが、第3号被保険者は国民年金だけなので注意しましょう。

ちなみに第3号被保険者の人は年金を納める必要はありません。
年金を納めていないけど、将来の国民年金はもらえるのです。

タイプ別に加入する年金

第1号被保険者の年金

1階の国民年金(基礎年金)のみです。

第2号被保険者の年金

1階の国民年金(基礎年金)
2階の厚生年金

基本的には2階の厚生年金が給与から先に引かれていて会社が国に納めてくれています。
そして、2階の厚生年金を払っている人は1階の国民年金(基礎年金)も払っていることにしてもらえるので、自分で別途1階の国民年金(基礎年金)を払う必要はありません。

第3号被保険者の年金

1階の国民年金(基礎年金)のみです。

まとめ

自分はどのタイプで、どの年金がもらえるのかイメージが付きましたでしょうか。
国民年金と厚生年金は、自分の寿命が尽きるまで受け取れる「終身年金」です。
人生100年時代では、老後にずっと受け取れる年金の存在は、非常に大切になてきますので、「3階の私的年金」を積極的に取り入れていきましょう。

<参考ページ:1階の国民年金(基礎年金)
<参考ページ:2階の厚生年金
<参考ページ:3階の私的年金
<参考ページ:社会保険

私的年金の準備をしていきたい!という人には老後に向けた様々な運用をご紹介しております。
老後に毎月1万円受け取れる額を増やせたなら、それだけで老後の収入は総額420万円も増えますから、自分に合うものがあるのかを専門家に相談してみましょう。
運用相談をご希望の方はこちらへ

運用は考えていないが、老後資金について一度しっかり考えたいという方は、FP個別相談にもお越しください。
FP個別相談をご希望の方

関連記事

  1. 厚生年金について

  2. 扶養の範囲内とは

  3. 協会けんぽと組合健保

  4. 私的年金

  5. 2020年度税制改正大綱・NISA

  6. 確定申告の基礎知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。