アベノミクスとは

アベノミクスとは、2012年12月に安倍晋三内閣の経済政策の政策名です。

安倍内閣が日本経済を成長させるために、いろいろな政策を実施していますが、それらをまとめてアベノミクスと呼んでいます。

アベノミクスには「3本の矢」という中心的な政策があります。

3本の矢とは

3本の矢には「旧」と「新」があります。
1つが1本の矢で、3つあるから3本の矢なのです。

旧・3本の矢

「旧・3本の矢」は
2012年12月のアベノミクスが始まった時に同時にスタートしたもので
・大胆な金融政策
・機動的な財政政策
・民間投資を喚起する成長戦略
があります。

新・3本の矢

「新・3本の矢」は
2015年にスタートさせたもので「アベノミクス第2ステージ」と言われました。
・希望を生み出す強い経済
・夢を紡ぐ子育て支援
・安心につながる社会保障
があります。

アベノミクスが目指すもの

アベノミクスが目指すものとはシンプルに言うと「景気の良い日本」です。

どんな状態を景気が良いというのか。については、
「年2%の物価上昇が継続的に行われている状態」と定義づけられています。

なぜ年2%なのかというと、日本やアメリカなどの「先進国」と言われている国は年2%程度で物価上昇(インフレ)していくのが経済発展には「ちょうど良い」と言われているからだそうです。

2%以下だと経済発展しないし、2%以上になるとバブルになってしまうからです。

まとめ

アベノミクスをシンプルにまとめてみました。
いろいろな要因があったりと、経済を発展させていくというのはなかなか難しいことですね。
安倍総理も同じ人間なのに、こんな難しいことに挑戦しているわけですから、みんなで応援してあげたいですね。

経済についてもっと勉強したいという方は下記の記事も読んでみてください。

内閣
旧・3本の矢
新・3本の矢
物価上昇(インフレ)と物価下落(デフレ)
先進国と新興国

関連記事

  1. 住宅ローン控除(2年目以降)

  2. 土地・建物・設備の内訳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。