主契約と特約について

保険の仕組み」で全てに共通することを説明しました。

ここでは、共通すること4つのうちの2つ。
「主契約」と「特約」について説明していきます。

主契約と特約

主契約とは

主契約とは、メインの内容です。
これは絶対に外したりすることはできません。
車を例にして考えた時に、
車本体にあたる部分を主契約。
ドリンクホルダーやカーナビなどのように取り外し可能な部分が特約です。

医療保険だと、「入院給付金」「手術給付金」を基本的には主契約になり、取り外すことはできません。

特約とは

特約とは主契約につけることができるサービスです。
だから付けなくても良いです。
ただ、医療保険の内容だけだと物足りないなぁーって時に、1つ数百円で付けれれるので助かりますね。

ただ車で例えたように、特約はドリンクホルダーやカーナビみたいなもので、それだけじゃ基本的には使えないですよね。

カーナビもドリンクホルダーも車に付けるから使えるわけです。

なので特約だけでは契約は出来ない。
主契約に付けることで初めて契約をすることができるのです。

医療保険だと、「七大疾病入院給付金延長特約」や「先進医療特約」が多いですね。(他にもいっぱいありますが・・・)

注意しておくこと

主契約に特約をたくさんつければ、どんどん合計保険料が上がっていきます。
保険料が高い方を保険屋さんは売りたいです。
だから最初から特約が付いている状態で提案されることが多いです。
どこまでが主契約で、どこからが特約なのか。
しっかり確認してみましょうね。

まとめ

保険については早めにしっかり理解しましょう。
放置だけは絶対にしてはいけません。
これから何十年と支払っていくものですから、家の次に大きな買い物だと言われたりするんですね。
このサイトでしっかり保険について理解しましょう。
放置してしまいそうな予感がする人は連絡くださいね。
信頼のおける保険屋さんをご紹介いたします→保険屋さんの紹介

関連記事

  1. 高額療養費制度

  2. がん保険のしくみ

  3. 医療保険の仕組み

  4. 保険の仕組み

  5. 支払い期間と保障期間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。