保険の仕組み

保険は複雑です。
提案されたものが自分に合っているかどうかの判断がとても難しいので、決められないまま時間が立って、結局よくわからないけど契約してしまう。
ということが多いですね。

保険の考え方

「自分に合っている保険に入りたい」
そりゃそうですよね。
でも、何が自分に合っているかは誰にもわからないのです。

だって、今後自分が入院するのか、手術するのか、若くして亡くなってしまうのか、骨折するのか、ガンになるのか、なんてわからないじゃないですか。

もしも、どの状況にもならなかったら「どの保険にも入らない」が一番自分に合っていたということになりますよね。

でも、それを言いだしたらキリがない。

じゃあ、どうしたらいいのか。

保険の内容をしっかり理解して、その保障に自分はお金を払えるのか。を判断することです。

内容はこのサイトでわかりやすく説明しますので安心してください。

保険の基礎4つ

全ての保険に共通してあるものが下記の4つです。

・その契約のメインになる主契約
・主契約にオプションとして付けられる特約
・保険料を支払っていく期間の支払期間
・保障をいつまで付けてもらうかの保障期間

この4つは、基本的には全ての保険についているものです。
つい保障内容ばかりに目がいってしまいがちですが、保障内容がわかっていても、この基礎4つが合わない内容になっていることが意外と多いのです。

各ページを読んでしっかり理解していきましょう。

まとめ

保険については早めにしっかり理解しましょう。
放置だけは絶対にしてはいけません。
これから何十年と支払っていくものですから、家の次に大きな買い物だと言われたりするんですね。
このサイトでしっかり保険について理解しましょう。
放置してしまいそうな予感がする人は連絡くださいね。
信頼のおける保険屋さんをご紹介いたします→保険屋さんの紹介

関連記事

  1. 経費の種類と分け方

  2. 医療保険の仕組み

  3. がん保険のしくみ

  4. 主契約と特約について

  5. 青色申告と白色申告

  6. 高額療養費制度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。