経費を勘定科目に分けるとき

こんにちは!

今回は経費と勘定科目についてお話していきたいと思います。

最近は、こんな漫画とかドラマとかが始まってきて、
自分で事業を始める人達に合わせてきてるなぁと感じます。

多部ちゃん可愛いし、ドラマも楽しみですな。

経費と勘定科目ってなに?

そもそも経費っていうのは、
仕事のために使ったお金のことです。

仕事のための飲み会
仕事のためのボールペン
仕事のための駐車場代

全部、経費です。

その経費をまとめるときに、
ボールペン代、セロテープ代、修正ペン代とか
全部分けてると大変なことになるので、
こういうのは全部「消耗品費」ってまとめちゃいましょう。
ってなるのですが、この項目を勘定科目って言います。

経費の種類

では、どんな項目があるのか、
経理の仕事をした経験のある私から、
実例と共にご説明します。

消耗品費

どんな人にも必ずある経費が、これかもしれませんね。

鉛筆とかボールペンとかシャーペンとか、
そういう消耗していくものが対象です。

すごかったのが、大手企業の経理の一員にさせていただいたときに、
従業員のシャーペンのシンを1本ずつ数えるんですよ。

1本あげるために日付と名前書くんですね。

ここまで書かされるなら自分で買うわってなっている人がほとんど…。

1本ってこれですよ?このほっそーい1本。

さすがは大手さんだと感心いたしました…。

旅費交通費

交通費のことです。
電車賃とか宿泊費とかガソリン代とか。

特に車で動く営業さん達は、毎日のように駐車場を使いますからね。

その領収書が出てくるので、私達は営業先と駐車場の場所が、
違わないかの確認をしていました。

接待交際費

飲み会、ゴルフ、手土産など。
交際するために要した金額は接待交際費として経費にします。

悩んだのが「キャバクラの領収書」です。

確認したところ、キャバクラは接待として認められているらしくて、
ちゃんと申請できていました。

でも1度、いただいた領収書に違和感を覚えた時がありまして…。

普段はそこまでしないんですけど、店の名前を検索したんですよね。

そうしたら「風俗」だったんですよ。
(関係ないけどコスプレ専門店で…どんなコスプレをお願いしたのか…)

さすがに、これはダメですよってなりましたが…笑

租税公課

税金や公的な支払いはこちらです。
税金といわれると、所得税とか住民税を想像しますが、
それは個人にかかるものなので経費にはできません。
個人事業税、固定資産税、収入印紙などが経費にできます。
あたりまえですが、罰金や追微課税も駄目です。

水道光熱費

水道、ガス、電気、灯油などです。
これは自宅で仕事している人、
自分の事務所で仕事をしている人はかかりますが、
そうじゃない人は無いですね。

通信費

インターネット料金、携帯料金などの通信系です。
あと、切手やレターパックなどの郵送系も通信費になります。

広告宣伝費

チラシや広告掲載などの事業の宣伝のための費用です。

給料賃金

従業員への給料など。退職金や従業員への食事や贈り物もこれに入ります。

福利厚生費

社員旅行、健康診断などですね。

地代家賃

店舗や事務所の賃料

減価償却費

10万円以上の償却資産

外注工賃(外注費)

内装工事やホームページの制作料など、
他の会社や業者に業務を依頼した場合の費用です。
「外注費」とも言われます。

修繕費

機械や建物の修理やメンテナンスをしたときの費用です。
パソコンの修理代とか、事務所の手入れとかが多いです。

荷造運賃

どこかに荷物を送ったときの送料と、梱包に使った段ボールやガムテープなどは荷造運賃に入ります。
「にづくりうんちん」と読みます。

損害保険料

損害保険料も経費にできます。
仕事で使っている車の自動車保険や、事務所の火災保険などが該当します。

貸倒金

支払ってもらえるはずの料金や貸し付けたお金などが、回収できないとなったときは貸倒金です。

雑費

どれにも当てはまらないが事業のために支払ったもの

まとめ

自分が初めて領収書をレジでもらった時。
なんかすごい大人になった気分で誇らしかったのを覚えています。

最近は、税理士さんから領収書じゃなくてレシートでもらってくるように言われます。

領収書だとお品代とかって書かれてしまうから、
レシートの方がいいらしいです。

なるほど~

関連記事

  1. 確定申告ってどうやってはじめるの?

  2. 青色申告のメリット

  3. 青色申告の申請方法

    青色申告の申請方法

  4. 確定申告ってなに

    確定申告ってなに?

  5. 青色申告と白色申告

    青色申告と白色申告ってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。