経費の種類と分け方

仕事をしている人は、仕事のためにお金を使う場面はたくさんあります。
そういう場合は 、その使った金額分の税金を支払わなくてすむようにするために、経費として申請します。

「経費」と申請するのではなくて、何に使ったから経費なのかわかるようにするために「勘定科目」という種類に分ける必要があります。

ここでは、何の支払いがどの経費になるのかを説明してきます。

全部覚える必要はありません。
私も毎回検索しながら分けています。
だんだん良く使う種類だけ覚えるようになってくるものです。

経費の種類

消耗品費

1つあたり10万円未満の物は、ほとんど消耗品費ですね。
例を挙げればキリがないですが…。
10万円以上の場合は「減価償却」する必要があります。
・文房具
・用紙
・インク
・伝票
・マウス
・ファイル
などなど、消耗品費になります。

旅費交通費

交通費のことです。
電車賃とか宿泊費とかガソリン代とか。

接待交際費

飲み会、ゴルフ、手土産など。
交際するために要した金額は接待交際費として経費にします。

租税公課

税金や公的な支払いはこちらです。
税金といわれると、所得税とか住民税を想像しますが、それは個人にかかるものなので経費にはできません。
個人事業税、固定資産税、収入印紙などが経費にできます。
あたりまえですが、罰金や追微課税も駄目です。

水道光熱費

水道、ガス、電気、灯油などです。
これは自宅で仕事している人、自分の事務所で仕事をしている人はかかりますが、そうじゃない人は無いですね。

通信費

インターネット料金、携帯料金などの通信系です。
あと、切手やレターパックなどの郵送系も通信費になります。

広告宣伝費

チラシや広告掲載などの事業の宣伝のための費用です。

給料賃金

従業員への給料など。退職金や従業員への食事や贈り物もこれに入ります。
支払う先が青色申告

福利厚生費

社員旅行、健康診断など

地代家賃

店舗や事務所の賃料

減価償却費

10万円以上の償却資産

外注工賃(外注費)

内装工事やホームページの制作料など、他の会社や業者に業務を依頼した場合の費用です。「外注費」とも言われます。

修繕費

機械や建物の修理やメンテナンスをしたときの費用です。
パソコンの修理代とか、事務所の手入れとかが多いです。

荷造運賃

どこかに荷物を送ったときの送料と、梱包に使った段ボールやガムテープなどは荷造運賃に入ります。
「にづくりうんちん」よ読みます。

損害保険料

損害保険料も経費にできます。
仕事で使っている車の自動車保険や、事務所の火災保険などが該当します。

貸倒金

支払ってもらえるはずの料金や貸し付けたお金などが、回収できないとなったときは貸倒金です。

雑費

どれにも当てはまらないが事業のために支払ったもの

まとめ

他にもいろいろあるのですが、よく使うのはこれぐらいでしょう。
はじめて確定申告をする方は是非参考にしてくださいね。

関連記事

  1. 確定申告入力方法【印刷・保存】

  2. 事業所得者の確定申告(白色申告)

  3. 土地・建物・設備の内訳

  4. 不動産投資の確定申告

  5. 開業届について

  6. 確定申告入力方法【提出】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。